賃貸オフィスはここをチェックして契約しよう!

オフィスの使い方から立地条件を絞る

オフィスを借りる時に欠かせないポイントが立地条件です。立地条件が悪いと仕事にも影響ができてきます。選び方はオフィスの利用目的によって異なります。まず取引先の方が来ない、顧客が来ない場合なら多少入り組んだ場所や、奥まったところでも問題はないでしょう。社員が出社できればいいので、むしろ1本奥の道などのほうが静かで仕事がしやすい環境とも言えます。また、少し繁華街から離れたほうが家賃も安くなるのでお得にもなります。ただ、取引先の方も来る、顧客対応もありと考えているならわかりやすい、目立つ場所は必須です。大きな幹線道路沿いや駅から近いことなども考慮に入れなくてはなりません。使うシーンを具体的にしてから探すのが大切です。

契約条件をじっくり確認してからサインしよう

借りたい物件が決まったら契約に移りますが、その前に契約条件をよく理解してからにしましょう。早く準備がしたいのはわかりますが、契約書を隅から隅までよく読まないとあとからトラブルや後悔になってしまいます。例えば賃料も途中からアップするケースや、単に室料だけではなく共有スペースにかかわるものなどが別途必要になることもあります。さらに、電話やネット回線や電気水道などの光熱費の料金の負担なども確認したほうが良いでしょう。賃貸オフィスを契約するときはこれらを含めて考えるようしておくと、慌てることなく無駄もなく契約できます。賃貸オフィスの場合はあらかじめ付属している家具家電や設備も多いので、どこまでが使えるのか、賃料に含まれているのかも確認しましょう。

賃貸事務所 港区では、優れたアクセス環境を誇るエリアに多数の物件が存在するため、アクティブなビジネス活動に最適です。