二世帯住宅の暮らし円満な生活を送るにはどのタイプ?

お互いの生活スタイルを尊重する二世帯住宅を建てよう

親世帯、子世帯が一つ屋根の下で暮らす二世帯住宅。

親世帯にとってはすぐそばに身内がいるという安心感、孫の成長を見守ることができる嬉しさも感じることができるでしょう。

子世代にとっては、いざというときに子どもを預けることができ、また経済的にも助かる部分があるかもしれません。

しかしながら、年齢も生活スタイル、価値観も異なることから、いくつか工夫をすべき点もあります。

お互いの生活スタイルを尊重しながら暮らしていくにはどのようにしたらよいでしょうか?

完全同居型の二世帯住宅

それぞれ個人の居室以外はすべてのスペースを共有するスタイルの二世帯住宅です。

親世帯、子世帯の壁がなく、顔を合わせる機会が多いため、コミュニケーションを多くとることができるでしょう。

ただし生活リズムや価値観の違いから気を使わなければいけない場面もあるかもしれません。

一部共有型の二世帯住宅

玄関や他部分を一部だけ共有し、キッチンやリビングなどはそれぞれ設けるスタイルです。

程よい距離感を保ちながら、それぞれマイペースで生活を営むことができ、おすすめです。

共有する部分を多くすることで、費用とスペースを節約できるメリットもあります。

完全分離型の二世帯住宅

玄関、キッチン、お風呂、洗面所、トイレなど、それぞれ完全に別にしたスタイルです。

一つ屋根の下にいる安心感と完全に分離なためプライベートを確保できるというメリットがあります。

しかしながら建設コストは2設備分設けなければならないため割高になります。

じっくり話し合いましょう

自分たちにはどのスタイルがあっているか、じっくりと話し合うことをおすすめします。

お互いに譲れないところ、歩み寄れるところを明確にすることです。

家族みんなが楽しく円満に過ごせる二世帯住宅ができるといいですね。

二世帯住宅とは、夫婦と子どもという一家族だけでなく、両親や義父母のようなもう一つ別の世帯が、同じ家に住むことを言います。