マンションではありえない戸建ての魅力とは

戸建てのメリットとデメリットとは

人生で一番大きな買い物と言われているのがマイホームですが、そこで必ずマンションか戸建てのどちらにするかという選択に迫られます。両方ともメリットとデメリットがありますが、やはり庭付きで上下階の騒音も気にしなくて良い、戸建を選ぶ人が多いでしょう。

戸建てはマンションと違い上下階に赤の他人が住んでいるわけではありません。ですから隣近所に気を使って生活をしなくても良いというメリットが大きいです。逆にデメリットとしては、そこに住む住民が年を取った時に、階段の上り下りや雨戸の開け閉めなどが大変になるということも考えられます。

新築だけではなく中古でも良い物件がたくさんある

戸建てにも新築と中古がありますが、新築は新しい分値段も高いので、住宅ローンを組む場合も35年など長く組まざるを得なくなります。中古の場合ですと、値段も割安になりますしローンも比較的短い期間で済みます。しかし中古でもきちんと前の住人がリフォームなどを施した状態であり、家の収納や間取りなどが使いやすい状態で売りに出されていれば、新築だけにこだわらずに中古も検討してみるべきです。ですから新築だからよい、中古で古いからダメという考え方はやめたほうが良いでしょう。

新築建売住宅の場合は近隣と環境が似ている

新築の戸建ての場合は、注文と建売の二つのパターンがありますが、建売の場合はその近所にも、同じような住宅が綺麗に並んで売られているケースが多く、そこに住む住民の家族構成などの環境がお互いに似ていることが多く、近所同士で仲良くなりやすいというメリットもあります。一度購入してしまえば長く住むわけですから、近隣住民同士が仲良くなるのは良いことです。

都心への通勤に便利な国立の戸建ては、緑がたくさんある好環境が多いため、リタイア後もゆったりと暮らせます。