戸建住宅に住むことのメリットとデメリット

戸建住宅のメリットとは

住居を選ぶ際に戸建住宅にするのかマンションなどの集合住宅にするのかは重要なポイントです。このうち、戸建住宅のメリットは、プライバシーが確保されていることである、集合住宅のようにドアを開ければすぐ隣の家があったり、階上の家の騒音に悩まされるといった心配がないといったことがあります。また、土地の広さ次第で庭を確保することができたり、駐車場を設けることができればそ毎月の駐車場代を支払う必要がないといったこともメリットと言えるでしょう。さらに、マンションに比べて、戸建の方が収納を広く取りやすいという利点もあります。これらの点を踏まえると、大家族や荷物の多い家族であれば、戸建住宅のメリットを最大限活用することができるでしょう。

戸建住宅のデメリットとは

次に戸建住宅のデメリットですが、マンションと比べるとセキュリティにやや不安があるということが指摘されることが多いです。しかしながら、技術の進歩によって最近の戸建住宅のセキュリティは以前に比べると格段に向上しており、今やこれは当てはまらなくなってきています。また、同様にマンションに比べると耐震性が劣ると言われることもありますが、これも正確ではありません。木造建築でも制振設備や耐震設備を備えることが可能となったことで、最近の戸建住宅はむしろマンションよりも高い耐震性を有することが増えているのです。以上を踏まえると、戸建住宅のデメリットは世間で言われているほど大きくないということが分かるのではないでしょうか。

国分寺は、緑豊かな学園都市として知られているエリアです。国分寺の戸建ては、その緑のなかに立地しているために気持ちが癒されます。