間取りを十分に考えよう!手順はどんな感じ?

賃貸の間取りを選ぶ手順

賃貸物件を探すときには住みやすい間取りを選ぶことが大切です。家族構成と生活スタイルに応じた間取りをまずは大まかに決めましょう。一人暮らしの場合にはワンルーム、1K、1DK、1LDKから選ぶのが一般的です。一部屋になっていた方が便利で有効面積が広くなりますが、キッチンと分かれていた方が匂いや湿度などが寝室に入ってこないメリットがあります。寝室での生活と炊事などをきっちりと切り分けたい人は、寝室やキッチンの広さに対する希望に合わせて1K~1LDKから選ぶと良いでしょう。一方、二人暮らし以上になると寝室の数がどれだけ必要かを考え、二部屋なら2K、2DK、2LDKといった候補から選ぶのが標準的です。やや部屋が多い物件でも問題はなく、余った部屋は物置に使うことも、書斎などにすることもできます。あくまで最低ラインとしてどれだけ寝室が必要かを考えましょう。

レイアウトを考えよう

賃貸物件を探すときには2LDK、3DKなどが間取りという項目になっていますが、実際にはこの定義での間取りが同じになっていても、部屋の配置には違いがあります。生活スタイルに合わせてどのような部屋の配置が望ましいかを考えて物件を選びましょう。玄関から入って寝室が近い方が良いか、リビングに直結していた方が良いか、寝室とリビングの位置関係はどうかといった形で比較してみると住みやすさが見えてきます。実際に生活している姿を想像して、不便なところがないかを確認するのが大切です。

札幌市内中心部で働く人にとって通勤に便利なのは、地下鉄です。その中でも麻生は南北線の始発駅で朝のラッシュ時も座って快適に通勤できます。ひとり暮らし向きの物件が多い麻生の賃貸はオススメです。